なんで花粉症で肌荒れをするのか、それは外からと内側からの、ダブルで表皮への苦悩が乗っかるためです。春の花粉が猛烈に飛び交い時分には、何が表皮に対して圧力になって、大きな負担になっているかを、理解しておく必要があります。春は温かい日射しも降り注ぐ平和な時分ですが、まだまだ完全に優しいわけではなく、毎日を通しても寒暖の差がめざましいです。すると気温に対して都合とする自律癇は、次第に壊れ易くなり、交代も崩れるので血行もなだらかではなくなります。一層春からは、冬季は打って変わって、UV音量が強くなりますので、表皮への圧力も強くなります。そこに加えて春は、花粉が多くあるので、アレルギーものとも付き合わねばならないです。外からの被害だけでも大変ですが、内側からも表皮には痛手の反映を起こします。花粉のつらさはストレスになるので、体内のホルモンの均衡を大きくくずします。交感神経と副交感神経は、均衡が取れてこそ成り立ちますが、自律癇が壊れ易くなるので、血行鈍化が起こり易いです。再度ディナーの内容や、デキの退廃もかかわるため、花粉の飛び交う陽気は、いつもは元気な表皮も、乾燥肌に変わり易くなります。花粉の陽気は凄まじく表皮をカサカサさせますし、花粉対策でマスクは七つ道具となります。目線がかゆくて擦りますし、鼻水の仕方でずっとティッシュも使います。こうした表皮へのスレも、花粉タイミングの乾燥肌を招き、肌荒れを起こしやすくなります。こちら